スーツスタイルには、紐付きの靴を履かなければならない

スーツには紐靴を

だが、実は奥が深く複雑なスタイルで、外見だけではなく精神をともなわなくてはならない。ローファーに合う上衣は、紺のブレザーだである。
アメリカ人は、アイビー・スタイルの下にローファーを履く。アイピー・スタイルは、クラシックなスタイルとは違って重厚さが欠落し「いる。だからローファーと相性がいいのだ。しかしながら、ヨーロ9パナイズされたニュー・アメリカンスタイルの下には紐付きの靴が出合う。ニュー・アメリカンスタイルがクラシックな雰囲気を具えているからである。

日本で紐なしの靴が定着した理由は、履いたり脱いだりの回数が多いためだが、クラシックなスタイルには、ローファーは絶対に履いてならない。足元の存在感は、正しい服装を試みるときは大切である。「俺は靴だ」と威張っている靴こそ正しいのだ。

靴が受けるに足りる尊敬の念をもって靴を大事に扱うならば、あなたはその靴を一生もので使うことができるのである。

「クラシックなスーツスタイルには、紐付きの靴を選択しなければならない。カジュアルな革のジャンパーには紐付きの革靴が似合わない。これと同じ理屈である。「装いと靴のコンビネーションが意味するところは、歴史を遡れば明らかである。

靴は、服のスタイルとともに進化してきた。マントやケープの時代には革のサンダル、タイツ風の派手なパンツの時代には、平底のシンプルな靴、膝丈の短いズボンの時代には課の高い靴が流行した。|靴と服の進化には、常にある一定のルールが存在する。それは服に合った靴である。分かりやすくいうならば、服が軽い感じであれば靴も軽い感じでなければならない。ジーンズにスリッポン(紐なし靴)の類である。逆に上(服)を重厚に見せようとするならば、下(靴)も同様な雰囲気が必要で、それが革の紐靴なのである。

靴は服と釣り合うことが大前提で、これは装いの文化である。羽織袴の下に下駄をつっかけないことと同じ理屈なのだ。

英国でスーツの原形が誕生した頃の紳士の足元は、6個から8個のボタン付きのハーフブーツが主流だった。クラシックなスタイルにマッチする重々しい靴である。明治時代に、それが日本に入ってきたとき「紳士用深卸靴」と呼ばれた。ボタンは、第1章で述べた通り、服の歴史でもある。だから靴にもボタンが採用されたのである。

ボタンは後に、紐に変化し、現在の紐靴に進化する。紙に変化した理由は、ボタンよりしっかりと足元をサポートし、足が靴の中で遊ばず、かつスーツスタイルを引き締めるために格好な道具だからである。「日本人が、スーツスタイルにスリッポンを履き始めたのは戦後のことである。

アメリカ文化の一端としてローファー(紐なしの短靴の1つ)が日本に上陸し、その後ワンポイントを配したヨーロッパのデザイナーたちのスリッポンがライセンス物として登場し、それがいつの間にかスーツスタイルに定着してしまったのだ。|ローファーは、1940年代にアメリカで誕生した。もともとはノルウェーの室内履きで、「怠け者」という意味を持つ。「怠け者」はクラシックスタイルとは無縁である。

デキる男はニオイケアも怠らない

男は身だしなみも当然大事だが、いくら服装で清潔感に気を配っていてもニオイがあれば全て台無しだ。
なのでニオイケアにも気を配らなければならない。
そこでオススメの商品がある、それが【アセカラット】というサプリ。
体内のニオイ菌を抑えてくれるため、体臭・口臭が改善し、さらに汗も抑えてくれるのだ。
まずはアセカラットの口コミを見てみてほしい。
アセカラットの口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です